2013年03月19日

舌で歯を押すクセが歯並びを乱す

舌を歯に押しつけているようなクセのことを
「舌癖」といいます。本来、舌の先は上の前歯に
触れないくらいの位置(スポット)で上あごに接している
のが自然なのですが、舌癖があると普段から舌の位置が低かったり
話す時に上下の前歯の間に舌が挟まっていたりします。
歯は弱い力でも継続的にかかると動いてしまうので
こうした舌癖が歯並びを乱す一因にもなります。
舌癖のある人の対してのトレーニングもございますので
お問い合わせください。


IMGP4845.JPG



posted by hanae at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。