2012年09月26日

治療にあたり、患者さまに協力していただくこと

矯正治療は、患者さまの協力が不可欠であり、
協力が得られないと、良好な治療結果が得られません。

先ずは矯正装置をきちんと使用していただくことです。
固定式装置の場合は、患者さまがご自身で、取り外すことはできませんが、
装着時には不快症状や痛みを伴います。2〜3日、場合によっては
1週間くらい歯が浮いたような痛みがあり、食事がしにくかったり、
発音しにくいことがありますが、その後は落ち着いてきて消失します。

次に口腔内のお掃除をきちんとすることです。
ブラッシングの指導もしていきますし、歯ブラシ以外の掃除補助具
も使ってしっかりケアしていきましょう。

最後に約束の時間を守って、定期的に通院していただくことです。
矯正治療の調整は一般的に月に一度の通院となります。
適切な時期に適切な矯正力を加えることで、良好な結果を得られ、
治療期間の短縮にもつながります。

IMGP4705.JPG





posted by hanae at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。